ひら さわ すすむ。 平沢進(ひらさわ すすむ,Susumu Hirasawa)

TOWN

さわ すすむ ひら

☮ その人の期待に応えるようなことなんかしたくないと。 ライブ『第9曼荼羅』東京公演の出囃子と、『』より「Archetype Engine」のアレンジバージョンが連結した音源。 このようなパフォーマンス形態を取るに至った理由を、「打ち込みの音源に合わせて生身の人間が演奏すること以外の、『ライブをやる必然性』を探るため」「インターネットをパフォーマンスに組み入れるため」としている。

6

寺家 ひらさわ (ひらさわ)

さわ すすむ ひら

👋 その時平沢がP-MODELの菊池達也が使用していたベースを譲り渡したものの、後にライブで壊してしまっている 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• えーこれはアップになるとちゃんと、おー、サングラスの奥に目が、愛らしい目があるんです。 2017年のライブ『第9曼荼羅』以降は、Novation社製MIDIコントローラのLaunchpadを用いたパフォーマンスを、サポートメンバーの会人に行わせている。

2

平沢進

さわ すすむ ひら

📱 1990年代初頭から『白虎野』まではAmiga用ソフトの「Bars'n Pipes」などで制作した音源をレコーディングなどにも流用し 、2003年までのインタラクティブ・ライブは映像オペレーティングもAmigaで駆動されていた。 SIREN〜セイレーン(1996年)• 2017年にはTwitterフォロワー数が9万人を突破したことを記念したライブ『第9曼荼羅』が開催され 、2006年のインタラクティブ・ライブ『白虎野』以来およそ10年ぶりとなる大阪公演が行われた。

11

TOWN

さわ すすむ ひら

😛 サポートミュージシャンとオーケストラ隊による大編成でのライブも行ったが、1992年に行われたライブ『Hi-Res』ではコンピューターの同期を用いて完全に一人で演奏を行った。 2017年12月には初のナレーション作品『第6フォルマント』を配信。

7

平沢 進

さわ すすむ ひら

🤲 その中でも東海楽器製造の製造・販売を行うアルミニウム製ギターTalboの発売直後(1983年)からのユーザーとしても知られ 、その素材やデザインの特異性に惹かれ使用を続けていた。 また1998年以降は、インターネットを通じて現地の様子を生配信し、併せて特設サイトに提示された課題を解くことで、会場に足を運ばなかったリスナーも在宅オーディエンスとしてライブの進行に影響を及ぼせるという仕組みも導入された。

15

Twitterフォロワー数17万人通過記念 「170帰路の1分間」始動のお知らせ

さわ すすむ ひら

🤚 hirasawasusumu 2017-11-05 , , 2019年4月18日閲覧。

20

TOWN

さわ すすむ ひら

✌ 平沢進のBack Space Pass - 2014年5月31日 - (不定期)、Ustream、YouTube 現在は一部を除き,アーカイブがYoutubeで視聴可能• 7月11日の渋谷公会堂公演は、病欠のために不参加。 二度とこういうことのないように(東京異次元空洞にて) ・今のギターについては質問しないでください。

3

平沢進 Susumu Hirasawa (P

さわ すすむ ひら

👈 - ゲスト出演 として登場、1991年、フジテレビ• これに対し平沢は、「結果それでこそヒラサワ、あるいは完全に裏切られたという反応を期待しており、それなりに成功したおかげで今日までソロ活動を続けることができた」と述懐している。

平沢 進

さわ すすむ ひら

☘ 『第9曼荼羅大阪公演』『第9曼荼羅東京公演』で披露されたアレンジと同一。 私は私として、自分の自己像を実現していくだけだという、なんというかいかにもわがままで、他人の意見を聞かない、みたいな乱暴な回答に聞こえますけど。 、については各項を参照。