義 炭 小説。 恋とごはんと翻訳と(義炭)

恋とごはんと翻訳と(義炭)

小説 義 炭

💙 俺はもう長いことこの可愛らしい弟弟子に懸想してきた。

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

小説 義 炭

✌ その目は真っ赤になって充血し、涙が今にもこぼれ落ちそうに溜まっていて、 頬はパツパツに真っ赤に熟し、身体は小刻みに震えていた。 「冨岡さん、禰豆子のこと、ありがとうございました。 小さなからだにフリルのついた白いエプロンがとても似合っている。

8

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

小説 義 炭

✆ 彼の蜜も口内も唇も、すべてが甘い、甘い、甘ったるい。 「炭治郎」 フリルのついた白いエプロン(彼の趣味だ)を着けた俺の腰に、彼が抱きついてくる。

鬼滅の刃 (炭善)(善逸受け)

小説 義 炭

☎ (飛んで火に入ったほうが悪い) そっとそのサンゴ色の唇に口づけたら、彼のからだが大きくビクリとする。 四方を針葉樹に囲まれ、誰かがたまに立ち入るのか、草を踏んだ跡があったので、 俺はしばらく炭治郎を背にかばい、あたりを警戒したが、 遠くでキツネらしいコーン、と言う鳴き声が聞こえただけだった。

7

はじめての温泉(義炭)

小説 義 炭

🐾 猗窩座戦終了後、体力が回復し先を急ぐ義勇と炭治郎の前に突如敵の首領であるが現れ、二人は不意をつかれる形で他の仲間と合流できないまま戦うことになってしまう。 居間にはソファーと壁につるすタイプの大型・薄型のテレビしかない。 』 「いいから早く脱げよ」 炭治郎は今まで見た事のないような冷たい目で俺を睨んできた 『ッ!!』 俺は服を脱ぐと炭治郎はいきなり居なくなり何かの箱を漁りだした ガサッ 「あったあった. 「俺、温泉はじめてですよ」 (え?) 炭治郎がそう言ってニコッと笑ったので、俺はキョトンとする。

【義炭】貴方と過ごした時間は。 ~記憶と前世~

小説 義 炭

📞 フクロウだろうか。 余談 鬼滅の刃公式ラジオではベテランのに収録現場で演技指導を受ける機会が多いということを明かしており、 その様子はまさに自分は義勇 の状態であると語っている。

14

鬼滅の刃「炭義 の一部 媚薬セッー全然描き終わらん 明日昼間わたしがさぼらないように誰か見」

小説 義 炭

😗 彼がこんなにボロボロになるまでがんばって翻訳した小説、今回もすてきな恋愛小説なんだろうな。