うつろ ひたる 菊 現代 語 訳。 「正月,蜻蛉日記」に関するQ&A

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

⚛ 語注 ・嘆きつつ・・・ - この歌は小倉百人一首に所収された。 蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 問題 蜻蛉日記「町小路の女/うつろひたる菊」 問題 次の文章は、兼家が通い始めた翌年作者が懐妊し、八月末に男児を出産して間もないころの記事である。

18

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説3

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

✇ さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日ばかりありて、暁方に、門をたたくときあり。 静かに。 (そしてそれを夫に送った。

18

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 解説・品詞分解

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

🤜 はたして思った通りだった。

4

蜻蛉日記「うつろひたる菊」現代語訳

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

🍀 「~が」。 いいか悪いかは置いといて しかもこの兼家さん。 兼家さんのお返事の和歌は、 「そうか。

11

蜻蛉日記「うつろひたる菊」現代語訳

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

⌛ 現代語訳 などと(暗い気持ちに)思っていると、はたして、10月の末ごろに、(結婚の証である)三晩連続で自分のところに兼家がお見えにならない時があった。 今晩筆者の家に泊まってしまうと明朝参内できなくなるので、今日は筆者のもとには泊まらないということを兼家は言っています。

4

『蜻蛉日記』「うつろひたる菊」の現代語訳と重要な品詞の解説3

菊 現代 訳 うつろ ひたる 語

😚 で=打消の接続助詞、接続は未然形。

16